iPhone修理110番トップページ > 

最新情報・レポート > 

iphoneのバッテリー交換でソンしたくない!無駄を省く方法は?

最新情報・レポート

郵送修理にも対応!iPhone修理ならお任せください

iPhoneの修理ショップをお探しの方はこちらをクリック

iphoneのバッテリー交換でソンしたくない!無駄を省く方法は?

iphoneのバッテリー交換でソンしたくない!無駄を省く方法は?

 

iPhoneのバッテリーはリチウムイオン電池で、充電と放電を繰り返すことで徐々に劣化していきます。劣化のサインは、「バッテリーを充電してもすぐ消耗してしまう」「充電に時間がかかる」「充電が全くできなくなる」といった症状です。また、極端に動作が遅くなる、アプリが使えないなどの不具合が発生することも…

このような症状は、バッテリーの交換で解決される可能性が高いです。

 

iPhoneのバッテリーは、正しい充電サイクルや負荷の少ない使用法で、寿命がかなり変わってくることをご存じでしょうか?理想的な使用法であれば、フル充電→放電のサイクルを500回ほど繰り返しても、iPhoneのバッテリーは新品時の容量の80%程度が維持できる設計になっていると言われています。

 

バッテリーを劣化させない使用法を知ることで耐用年数を延ばし、iPhoneを快適に使える期間も延ばすことに繋がります。

 

今回は、iPhoneのバッテリーの劣化レベルの診断から交換の手順、費用の抑え方に加え、バッテリーを長持ちさせるコツまでをご紹介します。

 

 

iPhoneのバッテリー交換の前に知っておきたいこと

バッテリーの交換時期はケースごとに違ってくるため基準はありませんが、電池が膨張したり、使用時に発熱したりといった症状があれば早急に交換の手配をしましょう。

またiOS 10.2.1とiOS 11.2では、バッテリーが劣化すると突然のシャットダウンを防ぐため、意図的に動作が低速化される機能があります。この機能によるストレスが大きく感じられるようなった場合も、バッテリーの交換時期と考えられます。

 

■バッテリーの劣化レベルを診断してみよう

バッテリーの状態を確認したい時、最初にチェックしたいのはiPhoneの設定画面に警告が表示されているかどうかです。

 

iOS 11.3では、『バッテリーの状態』機能でiPhoneのバッテリーがどの程度劣化しているのかチェックできるようになりました。「設定」の『アプリ』から『バッテリー』⇒『バッテリーの状態(ベータ)』と進めば確認できます。この機能では、バッテリーの最大容量を新品時と比較することで、劣化レベルを診断できます。

 

iOS 10.2.1以降では、バッテリーが劣化している場合は、「設定」の『アプリ』⇒『バッテリー画面』と進むと、一番上に「iPhoneのバッテリーの点検修理が必要になる可能性があります」という警告が出ます。

 

■iPhoneの中データのバックアップを取っておく

バッテリーを交換しないとどうにもならない!という状態に陥る前にやっておきたいのが、iPhone内のデータのバックアップです。Appleのクラウドサービス「iCloud」を利用するか、PCにインストールしてある「iTunes」でバックアップを取っておきましょう。

 

iCloudはプランによって保存可能な容量が違いますが、iTunesを使ったバックアップではPCのストレージが空いていればiPhone内のデータを丸ごと保存できます。万が一初期化となっても、iTunesに保存したバックアップから元通りに復元することができるので安心です。

 

ただ、一部のアプリでバックアップされないケースもあるため、重要なデータについては事前にアプリのヘルプで確認しておくといいでしょう。

 

■バッテリー交換をappleに依頼する時の手順と、かかる日数の目安

Appleにバッテリー交換を依頼する場合、まずはappleのサポートページからバッテリー交換を申し込みます。後はページ内の案内に従って配送するかappleへ持ち込むだけです。

その際、前述したデータのバックアップと、SIMカードを抜いておくこと、「iPhoneを探す」をオフにすることを忘れずに行ってください。

 

■iPhoneのバッテリー交換を安く、安全に依頼する方法!

最安値で交換する方法を探すには、appleだけでなく最寄りの店頭修理やWeb上のiPhone修理店に見積りをしてもらうのがおすすめです。手間と時間をかけずに探すなら、iPhone修理業者の比較サイトを利用することで、最もお得なiPhone修理業者を見つけることができます。

 

バッテリー交換では、iPhoneの画面にヒビ割れなどがあると交換作業に支障をきたすため、こういった損傷がある場合はそれを先に修理する必要が出てきます。別途修理料金がかかる可能性を考慮して、事前にきちんと料金の確認をしておきましょう。

 

また、バッテリー交換の際に画面のガラスや保護フィルムが割れてしまうケースもあるようです。そういった際の補償がきちんとしているかもチェックしておくと安心です。

 

知ってる?iPhoneのバッテリーを長持ちさせるコツ

知ってる?iPhoneのバッテリーを長持ちさせるコツ

 

バッテリーが劣化する原因は、至って普通の使い方をしていると思っても、たくさんあります。例えば充電時の環境やタイミングにも正解・不正解がありますが、毎日正しくできている人はまずいないかもしれません。

では、どのようなことに気をつけるとiPhoneのバッテリーは長持ちするのでしょうか。

 

■バッテリー残に余裕があるうちに、ケースから出して充電しよう

毎回iPhoneのバッテリー残量がほとんどなくなってから充電していませんか?放電深度が高いと劣化を早める原因になります。バッテリーは30%くらいまで使ったら充電するといったような使い方を心がけると、放電深度も充電回数も適切になり、バッテリーの寿命を延ばすことに繋がるでしょう。

 

また、iPhoneを充電する時、いつもケースに入れたままにしている人は多いのではないでしょうか。充電中、本体が異常に熱くなっていませんか?過度の熱はバッテリーのダメージとなり寿命を縮めますので、iPhoneが熱くなるようでしたらケースから出して充電することをおすすめします。

 

■アプリは使い終わるたび終了させるクセをつける

iPhoneはアプリを利用したあとホーム画面に戻っても、アプリは終了されずそのまま裏で起動状態になっています。このバッググランドでアプリが動いている状態は、バッテリーも消費し続けている状態になりますので、使い終わったアプリは終了させるべきです。

 

アプリを完全終了させるには、ホーム画面を二度押ししてバッググランド画面に移り、アプリを上にスワイプすれば終了できます。こまめに終了させることを習慣づけましょう。

 

■基本、省電力モードをオンにする

消費力モードを基本オンにしておくと電池の減りを大幅に抑えることができますので、いつも節約しておきたい人におすすめです。(省電力モード中は、メールの自動取得やHey Siri、Appのバッググランド更新などの機能がオフになります)

 

■音量、画面の明度を見直し、位置情報やNight Shiftはオフ!

次のようなポイントを意識して使うだけでもバッテリーの温存に繋がります。

 

・音量は、最大での使用と最小での使用とでバッテリーの消耗量に約30%も差が出る

・位置情報は、位置に関連するアプリを使用しないなら基本オフにすれば節電できる

・ブルーライトを減らすNight Shiftモードも、バッテリー残量が気になる時はオフに

 

もっとキッチリiPhoneの電池を節約したいなら…

もっとキッチリiPhoneの電池を節約したいなら…

 

バッテリーの劣化は充電と放電を繰り返すことで進むわけですので、いかに節電し、充電回数を減らすかが劣化を避ける重要ポイントとなります。ここからは、節電できるiPhoneの設定をまとめてみます。

 

■Wi-Fi、Bluetoothは使う時だけオン

Wi-FiがオンになっているとWi-Fi接続先を常に自動で探し続けるため、電池の減りが早くなります。使わないときはオフにしておくことでバッテリーが節約できます。

同じように、Bluetoothも使うときだけオンにして、普段はオフにしておくといいでしょう。

 

■自動アップデート、自動ダウンロード、バックグラウンド更新をオフに

iPhoneには他の端末に連動してアプリを自動インストールしたり、自動アップデートしたりする設定があります。この設定をオンにしているとどんどん更新されることになり、電池の消耗が激しくなります。通信制限をオーバーしてしまう可能性もあるため、設定でオフにしておいた方が安心でしょう。

 

また、アプリのバックグラウンド更新も設定で全てオフにするか、アプリごとに更新オンオフを選ぶことができますので、見直しをしておくのがおすすめです。アプリのムダな更新にバッテリーが使われるのを防ぐことができます。

 

■その他のバッテリー節約ポイント

例えばプッシュ通知を要求するアプリ。これもバッテリーの減りを早める原因になります。プッシュ通知の許可は必要なアプリのみにしておきましょう。

その他、設定の変更などで節電に繋げる方法は、以下のようなものがあります。

 

・True Tone(iOS11以降搭載/環境光に応じてiPhoneの配色を調整する機能)も、不要なら設定でオフにすると節電できる

 

・ウィジェットは追加しすぎると電池の消費に繋がるため、設定で不要なものは外す

 

・「視差効果を減らす」をオンにするとかなりの節電になる

 

・YouTubeはアプリではなくSafariから視聴する方がバッテリーの消耗が抑えられる

 

・ロック音、キーボード入力音も設定でオフにすることで節電になる

 

・Air Drop(Appleの端末同士でデータ転送できる)も使わないときはオフに

 

まとめ

バッテリーの劣化によって引き起こされる突然のシャットダウン。これを防ぐ目的で、iPhoneはバッテリーの劣化レベルに応じて意図的に低速化するようになっています。Appleは受付期間・条件に制限を設けた上で、バッテリー交換を無償もしくは値下げした価格で行うことでユーザーのクレームに対応しました。しかし実際は、バッテリー交換の前に他の場所の修理が必要と診断され、「修理費用が数万円にも上ってしまった」というケースが多数見受けられます。

 

こういったアクシデントに備える意味でも、iPhoneのバッテリー交換先はapple一択と考えず、比較サイトなどで相見積もりを取り、補償や追加料金の有無などを確認した上で選べるようにしておくといいでしょう。

また、バッテリーを寿命めいっぱいまで有効活用できるよう、日頃から節電と正しい使用法を意識していきたいですね。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • 修理価格
  • 保証について
  • よくあるご質問
  • 運営会社

修理対応機種

  • iPhone5S/5C 修理に関してこちら
  • iPhone5 修理に関してこちら
  • iPhone4S 修理に関してこちら
  • iPhone4 修理に関してこちら
  • iPhone3GS 修理に関してこちら
  • iPhone3G 修理に関してこちら
  • iPod 修理に関してこちら
  • iPad 修理に関してこちら
  • Android 修理に関してこちら
  • 日本全国受付対応 宅配修理の流れ

修理のご相談

通話料無料 0800-805-7697 お電話でのお見積り相談も承っております。

24時間365日受付中、日本全国対応

  • 修理のご相談
  • お問い合わせ

取扱品目

iPhone6・6Plus/ iPhone5S・5C / iPhone5 / iPhone4S / iPhone4 / iPhone3GS / iPhone3G / iPad / iPod / アンドロイド(Galaxyなど)

各種クレジットカード使用可能です。

  • ※手数料がかかる場合がございます
  • ※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策 情報対応万全

たいせつにしますプライバシー

個人情報に関しては厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適用される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

加盟店様募集中 注目の成長事業へご参入ください 詳しくはこちら

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。