iPhone修理110番トップページ > 

最新情報・レポート > 

iPhoneの修理が多い箇所故障ランキングと応急処置方法

最新情報・レポート

郵送修理にも対応!iPhone修理ならお任せください

iPhoneの修理ショップをお探しの方はこちらをクリック

iPhoneの修理が多い箇所故障ランキングと応急処置方法

iPhoneの修理が多い箇所故障ランキングと応急処置方法

 

iPhoneは普段から持ち歩くものです。そのため、ふとした拍子に落下させてしまったりすることが多く、故障させてしまう方も多いご様子。よくある故障は、トイレなどで水没させてしまったり、使い過ぎによるバッテリーの劣化などがありますが、その中でも液晶画面のガラスが破損してしまったことによる故障が最も多いです。iPhoneは自力でも修理は可能です。しかし、内部は精密機器で構成されているため、知識がないまま修理を行うと故障の原因になります。自力での交換を行う前に、一度保証などの確認をして、修理方法を選ぶようにしましょう。





iPhoneの故障で多いものは画面割れ

昨今の携帯事情は急速に進化し、機能が多様化しました。iPhoneやアンドロイドのスマートフォンは従来の携帯電話でもあったメール機能や電話としての機能だけではなく、快適なネットサーフィンやアプリ、ゲーム、GPS搭載による現在地認識機能などもあり、ついつい手放しがたいものです。そのため徒歩での移動中でも端末操作してしまい、物にぶつかったり、他に気を取られたりして手から落下して画面が破損…といったことが多いようです。



液晶画面がそのままタッチパネルになっているスマートフォンは、画面に亀裂が入って液晶破損してしまうと、画像や文字が見にくくなるだけではなく、操作もしにくくなります。普段使いするものですから、扱いにくいといった不便さがあると気になってしまうところですので、早めに直したいと思う方も多いでしょう。



また、落とした時にiPhone内部に衝撃が走り、一見何の問題がなくとも内部に多大なダメージがかかってしまっていることがあります。内部の多くを占めているバッテリーからの液漏れや、コンデンサやなどの細かい部品が曲がってしまい、うまく電気回路を構成できなくなっていると、使っているうちに突然の故障が起きることもあります。



バッテリー交換や水没修理も多い

バッテリー交換や水没修理も多い

 

一番多い故障は液晶割れですが、バッテリーや水没による不具合も良く生じます。iPhoneなどのスマートフォンは、液晶パネルが従来の携帯電話と比べて大きく、使用中は常にバックライトが点灯しています。また、アプリを複数起動して同時に使用したり、負荷の大きいアプリを使用すると、消費電力が多くなるため、すぐにバッテリーが消耗されてしまうのです。多機能化していくにつれ、相応の電力を使用するので充電頻度が高くなり、バッテリーの劣化を招きます。



また、利便性を求めて高速充電を行ったり、何度もフル充電をすることも劣化を招く要因です。フル充電中に充電ケーブルを刺したまま使用をすると、iPhoneが熱をもってバッテリーを痛めるだけでなく、他の精密部品にまで負荷を与えてしまう原因になりかねません。



iPhoneはバッテリーの劣化による交換の他にも水没修理も多くあります。水没してしまうと、修理だけではなく、大切なデータも消えてしまう可能性があります。お手洗いで落としたり、入浴中に浴槽に落としてしまうなどのケースが考えられますが、いずれの場合でも冷静になることが肝心です。



もし水没をしてしまったのであれば、ひとまず電源を落とす必要があります。ショートしてしまうと、iPhoneの故障が悪化します。その後、カバーをつけている時は取り外し、イヤフォンなども外しましょう。クリップや細い針金を使用してsimカードを取り外します。



水などが付着しているので、ティッシュやタオルでしっかりと取ります。水気が無くなったら、乾燥剤とともに密閉袋に入れて内部まで確実に乾燥させましょう。この際、ドライヤーの使用は控えましょう。電子機器は熱に弱いうえ、接続部分の金属が解けて変形してしまいかねません。およそ1日以上をかけて乾燥させた後、電源を入れ、立ち上がったら早めにバックアップを取っておくことが肝心です。



自分で直すこともできるか?

良くある液晶割れやバッテリー交換、水没などの不具合・故障は自力での修理は可能です。インターネットなどでパーツを手に入れることも容易で、費用も半額以下に抑えることができます。気軽に行えるので挑戦するのも良いかもしれません。



しかし、自力で修理を行う場合は注意すべき点がいくつか存在します。一番気をつけたいことは、保証が効かなくなることです。iPhoneだけではなく他の電子機器などでも同様ですが、購入時に保証に加入していると、その保証が適用されなくなってしまいます。そのため、自力での修理に失敗してしまった場合、費用負担が大きくなります。一度保証書を確認して、保証が適用できるのであれば自力での修理は行わない方が良いでしょう。



また、インターネット上に販売されている交換パーツの中には粗悪品も存在します。品質の良くないものに当たってしまうと、動作不良などのトラブル症状が再発したり、もう一度購入する手間や費用がかかってしまう場合があるので注意しましょう。



修理をプロに任せれば安心できる

修理をプロに任せれば安心できる

 

iPhoneは多機能を実現化させるために、内部パーツが非常に細かく精巧にできています。傷つけてしまったり、分解後に元に戻せなくなる可能性もあります。もし分解して修理をしたあと戻せなくなってしまうと、修理店に依頼をしても直らない場合があります。本体ごと交換すると大きな費用出費になるだけではなく、大切なデータが消えてしまうことにも繋がりますので自力での交換はおすすめできません。



落下や水没などで、iPhoneの内部にダメージを与えてしまうと、その場では問題がなくとも後日突然の故障に繋がることがあります。素人目には判断できない僅かな不具合でもプロであれば気づくことができますので、念のため確認してもらうと良いかもしれません。自力での修理が難しいと判断したら、iPhoneの購入店や直営店に直接持ち込みをするか、連絡を入れた後に郵送、またはiPhone修理のプロに依頼をして直してもらうようにしましょう。



まとめ

iPhoneの故障や不具合の多くは、画面割れ、バッテリーの劣化、水没によるものです。普段持ち歩くことも多く、ふとした拍子に落下させてしまったり、過充電や高頻度で使用したことによる劣化が原因と考えられます。もし故障してしまった場合は自力での修理も可能ですが、iPhoneは非常に精密なパーツを使用して作られているため、修理には知識と技術が必要になります。また、パーツはインターネットなどで購入可能ですが、不良品を購入してしまう可能性もあるので注意が必要です。



自力での修理は保証が効かなくなってしまう可能性もあるので、保証が適用されるのであれば、修理依頼を行った方が良いでしょう。また、修理のプロに任せると、販売店やメーカーによる修理よりも格安で行える可能性があります。依頼を行う場合はしっかり検討し、見積もりを行ってから決めると良いでしょう。



  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • 修理価格
  • 保証について
  • よくあるご質問
  • 運営会社

修理対応機種

  • iPhone5S/5C 修理に関してこちら
  • iPhone5 修理に関してこちら
  • iPhone4S 修理に関してこちら
  • iPhone4 修理に関してこちら
  • iPhone3GS 修理に関してこちら
  • iPhone3G 修理に関してこちら
  • iPod 修理に関してこちら
  • iPad 修理に関してこちら
  • Android 修理に関してこちら
  • 日本全国受付対応 宅配修理の流れ

修理のご相談

通話料無料 0800-805-7697 お電話でのお見積り相談も承っております。

24時間365日受付中、日本全国対応

  • 修理のご相談
  • お問い合わせ

取扱品目

iPhone6・6Plus/ iPhone5S・5C / iPhone5 / iPhone4S / iPhone4 / iPhone3GS / iPhone3G / iPad / iPod / アンドロイド(Galaxyなど)

各種クレジットカード使用可能です。

  • ※手数料がかかる場合がございます
  • ※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策 情報対応万全

たいせつにしますプライバシー

個人情報に関しては厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適用される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

加盟店様募集中 注目の成長事業へご参入ください 詳しくはこちら

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。