iPhone修理110番トップページ > 

最新情報・レポート > 

iPhoneが充電できない…自分で原因を見つけて対処する方法

最新情報・レポート

郵送修理にも対応!iPhone修理ならお任せください

iPhoneの修理ショップをお探しの方はこちらをクリック

iPhoneが充電できない…自分で原因を見つけて対処する方法

 iPhoneが充電できない…自分で原因を見つけて対処する方法

 

iPhoneが充電できない経験はありませんか?充電の残量が少なくなると充電ケーブルに接続しますが、充電マークが表示されなかったり、充電の残量を表示するメーターが増えないなどの問題が起きます。

 

これらの原因は、接触不良などの一時的な問題と、ケーブルなどの接続機器側の問題、そしてiPhone本体の3つが考えられます。中でも、一時的な不具合である可能性はかなり高いので、壊れたと判断する前に原因を探り、自力で対応してみましょう。

 

今回は、iPhoneが充電されなくなった原因と対処法についてご紹介します。ダメもとで一度試してみると、大切なiPhoneが復活するかもしれません。

 

 

iPhoneが充電できない原因と対処法

iPhoneが充電できなかった場合、以下の5つの原因が考えられます。お手元のiPhoneの状態と照らし合わせ、実際に確認してみましょう。

 

一時的な不具合はiPhoneのリセットが効果的

信頼性の高いiPhoneであっても、不具合というものは生じます。パソコンなどでも長時間稼働させたままによる不具合や、何らかの要因によって正常に動作しないことは多々あります。iPhoneやAndroidなどでも同様に不具合は生じます。スマートフォンは連絡ツールとして使用している都合上、パソコン以上に常時起動時間が長いということも少なくありません。

 

iPhoneが充電できない不具合が生じたら、iPhoneのスリープボタンを数秒長押しします。そうすると画面の上部に電源オフにするかどうかの確認が表示されるので、横にスライドしましょう。再起動は、電源を切るときと同様に、スリープボタンを数秒長押しします。画面が白くつき、アップルのロゴが表示されれば無事起動に成功したことになります。

 

iPhoneXだけは操作が異なります。スリープボタンに合わせて、音量ボタンのどちらかをあわせて長押しします。その後は従来のiPhoneと同様に確認スライドを動かすことで電源を落とすことができます。

 

iPhoneを使用中に、アプリの硬直ではなく本体の画面全部が硬直してしまった場合、この方法では電源を落とすことは難しいです。その場合は、パソコンのフリーズ時と同様に強制的に電源を落とす必要がでてきます。

 

方法は、iPhoneの種類によって異なります。

 

●iPhone6sまでの機種

スリープボタンに合わせてホームボタンも数秒長押しします。画面が暗転しますが、手を離さず押し続けます。しばらくするとアップルのロゴが表示されるので、表示されるまで押し続けましょう。長押しせず、1、2秒ほどで手を離すとスクリーンショットになってしまうので、しっかり押す必要があります。

 

 

●iPhone7

iPhone7は6sまでとほとんど変わらないですが、押す場所が「音量(小)ボタン」とスリープボタンです。ホームボタンを押しても強制終了はできないので注意しましょう。

 

 

●iPhoneX

電源を強制終了させるためには「音量(大)ボタン」「音量(小)ボタン」「スリープボタン」を順番に押す必要があります。

 

音量ボタン2か所を押すときは、いずれも長押しではなくすぐに指を離します。スリープボタンだけは長押しになります。音量ボタンだけは「ポチ、ポチ」とテンポよく押し、スリープボタンは画面が暗転するまでじっと長押しするようにしましょう。

 

 

ライトニングケーブルの接続ポートに、ホコリや汚れが付着している

ライトニングケーブルの差込口が汚れていませんか?iPhone下部のくぼみ部分の接続場所は何かとものが入り込みやすいです。鞄の中に入れたときなどにゴミやホコリが入り込むとそれがケーブルとの接続を阻害してしまいます。

 

端子を差し込んだときにしっくりこなかったり、くぼみ部分をのぞき込んで何かつまっていたらiPhoneが充電されない原因はポートの汚れです。

 

ポート部分を布地やティッシュなどで優しくこすりましょう。先端のとがった部分を使用する場合、直接触れると内部を傷つけてしまいます。触れぬよう布を巻いて作業しましょう。この際、金属類のものを使用してしまうと、内部をショートさせてしまう可能性があるので、使用を控えてください。

 

 

充電ケーブルの端子不良・ケーブルの断線

充電ケーブルが古かったり、ケーブルをよく折り曲げたり、重たいもので踏みつけたりするとケーブル内部の導線がちぎれてしまっている可能性があります。断線しているのであれば、そのケーブルで充電をすることはできません。

 

また、ケーブルの両の先端部分に故障は見られませんか?端子が錆びたりしていると接触不良が起きやすくなっていることも考えられます。

 

充電ケーブルを交換してみて充電できるようであれば、ケーブル側の不調が考えられます。角度を変えたり時々充電できるといった状態のケーブルだった場合は、交換のサインですので、使用を控えましょう。そのまま使い続けると、iPhoneに負荷を与えてしまいます。

 

 

電源アダプタ・パソコン側の故障

コンセントとライトニングケーブルをつなげる電源アダプタ、またはパソコンのUSB端子に問題が生じている可能性があります。こちらもケーブルと同様に、電源アダプタの交換やパソコン側の使用ポートを変えてみる必要があります。

 

また、パソコンの電源側の電力不足の場合、iPhoneに供給できる電力が少なくて「充電されない」「遅い」といった状態になることもあります。そのため、パソコンから充電するのではなく、コンセントから電源アダプタを経由していちど充電してみるとよいでしょう。

 

 

バッテリーの残量が少なすぎる

バッテリーの残量が極端に少なすぎることはありませんか?ほとんどゼロの状態や、充電がゼロになったままの状態からiPhoneを起動しようとすると、完全放電してしまっているので起動に時間がかかります。「つかない」「起動しない」と焦らず、10~30分程度そっとしておきましょう。ただ放電しただけであれば、時間経過で回復します。

 

iPhoneの充電に起こる不具合や症状

iPhoneの充電に起こる不具合や症状

 

上記以外の不具合として、充電ができるものの以下のような症状に悩まされてはいませんか?

 

  • ●充電の残量が正確に表示されない
  • ●なぜか使っていないのに充電が減っていく
  •  

    じつはこの2種類の不具合は、「バッテリーに不具合が生じている」という共通の原因が存在します。

     

    バッテリーはスマートフォンの電力を蓄えておく場所です。バッテリーがあることでiPhoneを携帯することを可能にしていますが、バッテリーは永久機関ではありません。充電を繰り返すうちにバッテリーの中の極一部が少しずつ故障していきます。そのため、表記上はフル充電になっていても実際の容量は何割か少なくなってしまっています。

     

    充電の表示がおかしくなる要因は、このバッテリーの残量が異なってしまっているので、正確な容量が計算できなくなってしまっていることが1つとして考えられます。

     

    ほかには、バッテリーが膨張し、基板を圧迫してしまっていることも考えられます。その場合は、基盤を痛めてしまううえ、膨張の度合いがひどいと、iPhoneの画面を押し上げてしまうので婉曲したり、画面割れにつながります。非常に危険な状態といえますので、早急なバッテリー交換をするようにしましょう。

     

    iPhoneのバッテリーには寿命がある

    上記でご紹介したようにバッテリーは消耗品なので寿命が存在します。しかし、この寿命はiPhoneの扱い方ひとつで簡単に伸ばすことが可能なのはご存じでしょうか?簡単に方法を紹介しますので、すぐに実践してみましょう。気づいたときに行うことで、大切なiPhoneのダメージを減らすことにつながります。

     

    長持ちさせる方法

    結論からいえば、「充電の仕方を変える」ことになります。充電は「充電」と「フル充電」の2種類に分類できます。フル充電は100%まで充電することもさしますが、ここでは0%の状態から100%まで充電を行うことを意味します。

     

    空っぽの状態から満タンまで充電するのと、50%ぐらいの状態から100%までの充電を2回するのとでは、iPhoneのバッテリーにかける負担が異なります。そのため、50%からの「半充電」を心がけていると、iPhoneのバッテリーにとって負荷をかけずに使用し続けることができます。

     

    とはいえ、バッテリーを空にする放電が、必ずしもダメという訳ではありません。月に1度ほどであれば、バッテリーにリフレッシュ効果をもたらしますので、多すぎない程度に行うとよいでしょう。

     

    また、電源アダプタは「高速充電タイプ」のものを使用していませんか?高速充電タイプは短時間で100%になるので使用する人が多いかもしれません。しかし、その分バッテリーに負荷を与えてしまうので、急ぎでない場合はできるだけ純正のアダプタを使用するようにしましょう。

     

    困ったら業者に相談しよう

    困ったら業者に相談しよう

     

    iPhoneが充電できない状態で困っているのであれば、業者に連絡するのもひとつの手段です。自力で回復できなかった場合や、対処の失敗が怖いのであれば、業者に頼ってみましょう。

     

    依頼先の選び方

    iPhoneの修理が行える場所は以下の2種類です。

     

  • ●メーカー正規店
  • ●修理業者
  •  

    iPhoneが充電できない場合、まずは保障に入っているかどうか、適応してもらえるか確認します。適応できる場合は、メーカー正規店などで修理をしてもらうようにしましょう。保証が適応されない場合は、メーカー正規店や修理業者に依頼をすることになります。

     

    修理業者の場合、業者によって保証がきかなかったり、費用にばらつきが生じます。そのため、見積りを取って価格を比較することや、万が一の場合の保証はしてもらえるのかどうかなどの内容の確認が重要になります。

     

    修理を依頼したときの期間

    問題が軽度~中度であれば、1時間もかからず修理が可能です。持ち込み修理を行った場合は、店舗の込み具合にもよりますが、1時間~長くとも半日もかからず修理できます。修理店舗が遠く、自宅から送って修理をしてもらう場合は、輸送する分時間がかかります。

     

    費用

    費用は数千円程度です。多くの場合、充電に問題が生じた原因はバッテリーなので、バッテリー交換で改善されることが多いです。

     

    バッテリ―本体代金と、技術料、人件費がかかります。iPhoneは小さいので輸送することができます。そのため、技術者の出張費の代わりにiPhoneの往復送料がかかると考えていいでしょう。なお、持ち込み修理の場合は送料が発生しません。

     

    まとめ

    iPhoneが充電できなくなってしまったら、本体・充電ケーブル・充電アダプタ(パソコン)に問題が生じていることが多いです。まずは電源のオンオフからはじめ、順番に手順を追って確認していきましょう。

     

    充電関連の不具合の多くは、バッテリーにも問題が生じている可能性があります。フル充電を1日1回行うと、1年から2年でバッテリーの寿命が来るといわれています。iPhoneの充電が持たなくなってきたり、以前より熱を持ち始めたらバッテリーの交換を検討する必要があります。

     

    iPhoneに不具合が生じたら、業者に頼るのもひとつの方法です。メーカー正規店や修理業者に依頼して、大切なiPhoneを修復してもらいましょう。

    • 初めての方へ
    • ご利用の流れ
    • 修理価格
    • 保証について
    • よくあるご質問
    • 運営会社

    修理対応機種

    • iPhone5S/5C 修理に関してこちら
    • iPhone5 修理に関してこちら
    • iPhone4S 修理に関してこちら
    • iPhone4 修理に関してこちら
    • iPhone3GS 修理に関してこちら
    • iPhone3G 修理に関してこちら
    • iPod 修理に関してこちら
    • iPad 修理に関してこちら
    • Android 修理に関してこちら
    • 日本全国受付対応 宅配修理の流れ

    修理のご相談

    通話料無料 0800-805-7697 お電話でのお見積り相談も承っております。

    24時間365日受付中、日本全国対応

    • 修理のご相談
    • お問い合わせ

    取扱品目

    iPhone6・6Plus/ iPhone5S・5C / iPhone5 / iPhone4S / iPhone4 / iPhone3GS / iPhone3G / iPad / iPod / アンドロイド(Galaxyなど)

    各種クレジットカード使用可能です。

    • ※手数料がかかる場合がございます
    • ※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

    情報漏洩対策 情報対応万全

    たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

    個人情報に関しては厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適用される法令及びその他の模範を厳守しております。

    個人情報専門お問い合わせ窓口
    0120-122-103

    弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

    加盟店様募集中 注目の成長事業へご参入ください 詳しくはこちら

    個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。