iPhone修理110番トップページ > 

最新情報・レポート > 

iPhoneが壊れたときの修理方法3つを比較

最新情報・レポート

郵送修理にも対応!iPhone修理ならお任せください

iPhoneの修理ショップをお探しの方はこちらをクリック

iPhoneが壊れたときの修理方法3つを比較

iPhoneが壊れたときの修理方法3つを比較

 

ふいに手をすべらせてiPhoneを落としてしまったり、水没させてしまったり…。大事なiPhoneが壊れてしまったときは焦ってしまうので、間違った対処をしてしまいがちです。iPhoneが壊れてしまう原因と対処法を知っておくことで、もしものときでも落ち着いて対応することができます。今回は、iPhoneが壊れてしまったときの修理方法は3つあります。それぞれメリットとデメリットがあるので比較し、自身にあった修理を行うようにしましょう。





よくあるiPhoneの故障

まず、iPhoneのよくある故障ケースを見ていきましょう。


・iPhone画面の損傷

うっかり手をすべらせて落としたりどこかにぶつけたりして画面を割ってしまった…。これはiPhoneの故障の中でも特に多いものです。粉々に割れている状態はないとしても、画面にヒビが入っているiPhoneユーザーを1度や2度は目にしたことがあるかと思います。あまり大きなヒビや粉々の状態でなければすぐに直す必要はないかもしれません。しかし、画面の上から下にかけて大きくヒビが入っていると、操作をしにくくなったり写真や文字が見えにくくなったりしてしまいます。


また、画面のヒビが目立たなかったとしても、内部が液漏れしてしまっている場合があります。その結果iPhoneの操作ができなくなったり、画面の表示がぼやけたりといった不具合を起こす可能性もあるのです。見た目だけで判断せず、少しでも不具合がある場合は修理に出すことをおすすめします。


・iPhoneを水没させた

ポケットに入れていたiPhoneがトイレに落ちたり、防水ケースを付けないまま海水浴をして水の中へ落としてしまったりといった水没による故障もよくあります。もし水没させてしまった場合は、電源を入れることは絶対に避けましょう。水分が残っているときに電源を入れるとショートしてしまい、データがすべて消えてしまう可能性があります。


・しっかり充電ができない

充電ケーブルをiPhoneに差し込んでも何も変化しない場合、iPhone本体に問題があるか、充電ケーブルの断線やケーブル本体に問題があることが考えられます。


・音声のトラブル

相手の声が聞こえなくなったり、逆に相手に自分の声が聞こえなくなってしまったりといった音声に関するトラブルもあります。ほこりや汚れを取り除けば直ることもありますが、故障の原因はマイクかスピーカーいずれかのパーツに問題があることが多いです。


・イヤホンが機能しない

iPhoneにイヤホンを差したとき、通話の声や再生しているはずの音楽が聞こえないということもあります。イヤホンを交換しても改善されない場合はイヤホンの差し口に問題があります。


正規店に依頼する

正規店に依頼する

 

「大事なiPhoneが壊れてしまった…!」そんなとき、まず修理先として思い浮かべるのは直営店であるApple Store(アップルストア)。Apple製品に精通するスタッフがわかりやすく説明してくれるほか、待ち時間にAppleの新製品を試してみることもできます。


直営店まで行って修理を依頼する場合は、事前にAppleのウェブサイトから「Genius Bar」を予約しておきます。Genius Barとは、Apple製品の専門家たちがユーザーの抱えるトラブルを解決したり、技術的なサポートをしてくれたりするサポートカウンターです。 担当者にiPhoneの状況を説明すれば、壊れた原因をつきとめ、すぐに修理や交換などの対応をおこなってくれます。


正規店で修理をするメリットとしては、保証適用期間であれば修理費が安くなることや、無料で受けられるサービスがあることなどが挙げられます。デメリットとしては、早めにGenius Barを予約しておかないと混雑しているときは待ち時間が長くなること、保証適用外であれば修理費用が高くなることなどがあります。


「値段が高くても安心して修理を依頼したい」という方は、正規店を選ぶことをおすすめします。正規店で修理をしておけば、今後他のトラブルがあった際にも、継続して保証サービスを受けることができるからです。


非正規店へ依頼する

画面が割れてしまったり充電やイヤホンなどに不具合があったりした場合、予約なしでもすぐに対応してくれるのが非正規店の良い点です。正規店は平日でも混雑していることもありますし、住んでいる場所によってはわざわざ遠くまで行かなければならないので、非正規店の方が立ち寄りやすいともいえます。また、正規店よりも料金が安いこと、正規店ではすでに取り扱っていないような古いモデルに対応していることもメリットです。


しかし、非正規店にもいくつかデメリットがあります。1度でも非正規店で修理した場合、パーツの番号などから非正規店での対応と特定され、正規店での保証サービスを受けることができなくなってしまいます。さらに非正規店の中にはクオリティの低いサービスや悪質なお店が無いとは言い切れません。依頼先を選ぶ際には注意が必要です。


自分で直す

自分で直す

 

自分でiPhoneが壊れてしまった原因を探り、対処できる場合もあります。それぞれのケースに合わせて以下の方法を試してみましょう。


・iPhoneのタッチパネルが反応しない

タッチパネルを何度触っても反応しない場合は、まず再起動をおこなってみてください。通常は電源ボタンの長押しからスライドをして電源を切りますが、もしスライドができなくなっている場合は電源ボタンとホームボタンを同時に押し続けてください。電源を切った後に再起動して、元に戻っているか確認してみましょう。


また、画面上に汚れがあったり水分が残っていたりすると反応しにくくなるため、光に当てて汚れが気になる場合は画面クリーナーや柔らかいタオルなどで画面を拭いてみてください。画面に保護ガラスやフィルムを張っている場合は、外したときに操作ができるか試してみましょう。


・iPhoneの充電ができない

充電がしっかりとできない場合は、本体と充電ケーブルどちらかに問題があります。まずはケーブルを外してiPhoneを再起動します。その後もう一度充電ケーブルにつないでみてください。


充電ができない原因として、Appleの純正以外の充電ケーブルを使用していることも考えられます。非正規品を使い続けると漏電の危険性も高まるため、使用の際は注意が必要です。また、ケーブルの断線や接触不良による問題もありますが、再起動をしてみたりケーブルや本体の充電口を拭いたりしても直らない場合は、早めに修理に出すことをおすすめします。


まとめ

iPhoneが壊れてしまう原因と対処法を知っておくことで、もしものときでも落ち着いて対応することができます。また、もしものときに備えてこまめにデータのバックアップを取っておくと安心です。iPhoneに限らず、スマートフォンのような電子機器は長く使うにつれて不具合が出やすくなります。故障の原因がわからないときは、無理せず専門の修理店に相談してみましょう。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • 修理価格
  • 保証について
  • よくあるご質問
  • 運営会社

修理対応機種

  • iPhone5S/5C 修理に関してこちら
  • iPhone5 修理に関してこちら
  • iPhone4S 修理に関してこちら
  • iPhone4 修理に関してこちら
  • iPhone3GS 修理に関してこちら
  • iPhone3G 修理に関してこちら
  • iPod 修理に関してこちら
  • iPad 修理に関してこちら
  • Android 修理に関してこちら
  • 日本全国受付対応 宅配修理の流れ

修理のご相談

通話料無料 0800-805-7697 お電話でのお見積り相談も承っております。

24時間365日受付中、日本全国対応

  • 修理のご相談
  • お問い合わせ

取扱品目

iPhone6・6Plus/ iPhone5S・5C / iPhone5 / iPhone4S / iPhone4 / iPhone3GS / iPhone3G / iPad / iPod / アンドロイド(Galaxyなど)

各種クレジットカード使用可能です。

  • ※手数料がかかる場合がございます
  • ※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策 情報対応万全

たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関しては厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適用される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

加盟店様募集中 注目の成長事業へご参入ください 詳しくはこちら

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。